ホーム

私たちは誰でも安心して自分の家で、自分らしい暮らしを続けるための支援、健康で生きがいがもてる居場所づくり、未来をになう子供たちが健やかに育むことができる環境づくりを進める生協です。

2015年5月16日設立(8月12日認可)



「人生100年への挑戦」
小冊子
2019年2月17日発刊

著者:銀座通内科クリニック院長 萩原信宏
発行所:新学び舎

今を元気に過ごすために、今からできる健康づくりについて
書かれています。ぜひ一読を!

お問合せ先:銀座通内科クリニック
電話:0166-24-2233

 

 

 

歌声サークル活動

緊急事態宣言の中、参加者の検温、手指の消毒、マスク着用の徹底を行い 広瀬サークル代表の元、懐かしい歌を。 この日はギター伴奏にアコーデオン奏者も加わり、 青春時代に酔いしれました。(店主:マスクの中で口ずさみました) み »詳しくはコチラ

三番館イベント参加して(報告)

9月10日(金)~14日(火)の5日間、三番館秋のイベントに出店しました。 カフェメニューの自慢のケーキ、チーズケーキとガトーショコラを販売しました。 多くのお客様に購入していただき、5日間すべて完売しました。(嬉しい! »詳しくはコチラ

「こども食堂」再開します。

緊急事態宣言にて8月延期した「子ども食堂」を再開致します。 日時は9月25日(土曜日)14時~17時 みんなのカフェ銀座にてお弁当を配り ます。 今回は50食限定で子どもたちに無料で配りますので、予約が必要になります。  »詳しくはコチラ

9月ギャラリーご案内

9月ギャラリーのご紹介いたします。 高橋努さん、順子さんご夫妻による作品「書と絵手紙」です。 心温まる家族愛がテーマでしょうか。心ほっこりさせて頂いています。(cafe店主) 今日見えたお客様のおひとりより 「素敵なギャ »詳しくはコチラ

8月の展示のご案内

おおのまさのりさんの「北の風景」写真展はじまりました カフェ銀座ギャラリー 8月2日から、おおのまさのりさんの写真展「北の風景」が、みんなのカフェ銀座ギャラリーではじまりました。雪の大雪山、よく見る写真ですが、飛行機が写 »詳しくはコチラ


 

お問合せ先:あさひかわ福祉生協本部
電話:0166-73-6673
各事業所でも加入の手続きができます。

生協を利用するには
まずは生協に加入し、組合員になっていただくことをお願いしています。
組合員になって利用できます
基本は組合員になっていただくことをお願いしています。 生協は組合員が手をとりあって、自らの願いをかなえる自主的な組織です。 このため、みんなが組合員になり、出資金を持ち寄って利用・運営しています。
出資金とは何ですか?
1口1,000円出来れば5口以上でお願いします。 出資金とは、加入時に出資をお願いしている資金のことです。 生協は組合員が手をとりあって、自らの願いをかなえる自主的な組織です。 みんなが組合員になり、資金を持ち寄って利用・運営していることから、組合員みなさんに出資をお願いしています。 1口1,000円で、出来れば5口以上の増資のお願いをしています。 出資金は、他団体における入会金や会費、寄付金などとは異なります。 生協のあらゆる事業の元手になる資金として運用され、脱退時に払い戻されます。 生協の経営状態によって、払い戻しが減額される場合があります。
「生協は組合員の組織」といいますが、どうやって運営に参加するのですか?
組合員の意思を反映して運営を進めていくため、年に1回「総代会」を開催しています。 本来は組合員全員が参加して総会を開催できれば良いのですが、組合員が多くなると全員で集まるのは不可能なため、組合員の代表として選ばれた「総代」による「総代会」を開催しています。 総代会では、ふだんの生協の利用やくらしの中での想いを話し合いながら、運営結果や方針などについて審議と議決を行います。 このほかにも、組合員の意思を反映するために、生協と組合員をつなぐ役割を果たします。 サービス(事業)づくりへ参加する委員会やモニターなどの制度もあります。