ホーム

あさひかわ福祉生協タイトル

新着情報

内覧会のおしらせ

 あさひかわ福祉生協では、新たに歴史ある銀座センタービル2階(旭川市3条15丁目)に医院を開設し、6月1日(木)より「銀座通内科クリニック(院長 萩原信宏)」を開業いたします。地域住民に思いやりのある、あったかで信頼され Continue Reading

コメントなし

35号【通56号】

ニュース35号【通56号】を発行しました。 4月23日に行われた臨時総会で議案が採択され、新規事業の「銀座通内科クリニック」開院にむけて準備中です。 5月に開催予定の「上野千鶴子氏講演会」の参加チケットは大好評により予定 Continue Reading

コメントなし

上野千鶴子氏講演会の参加券の申し込みを終了しました。

上野千鶴子氏講演会(5月19日【金】旭川市民文化会館 小ホール)での 参加券の申し込みは予定数に達したため、終了いたしました。 直、当日会場で空席が出た場合は、先着順で入場できる整理券を発行する予定です。    Continue Reading

コメントなし

3.10実習レポ

牛乳と和風だしでミルク鍋を作り楽しみました。牛乳を使うことにより、野菜の甘味が強く感じられ、薬味のおろし生姜とも相性がよく、薄味ですが身体も温まる美味しい鍋が出来上がりました!野菜の切り方の工夫や鍋の時に入れる食材の話で Continue Reading

コメントなし

臨時総会のご案内

2017年3月30日 組合員 各位 あさひかわ福祉生活協同組合 代表理事 萩原 信宏 (公印略) あさひかわ福祉生活協同組合 臨時総会のご案内  雪解け間近、春の気配が感じられる季節となりましたが、皆様方におかれましては Continue Reading

コメントなし

生協は消費者一人ひとりがお金(出資金)を出し合って組合員となり、協同で運営・利用する組織です。「こんなサービスが欲しい」という、くらしの中から生まれるさまざまな「ねがい」を組合員が力を合わせることで実現しています。


生協を利用するには
 まずは生協に加入し、組合員になっていただくことをお願いしています。
組合員になって利用できます
基本は組合員になっていただくことをお願いしています。生協は組合員が手をとりあって、自らの願いをかなえる自主的な組織です。このため、みんなが組合員になり、出資金を持ち寄って利用・運営しています。
出資金とは何ですか?
1口1,000円出来れば5口以上でお願いします。
 出資金とは、加入時に出資をお願いしている資金のことです。
生協は組合員が手をとりあって、自らの願いをかなえる自主的な組織です。みんなが組合員になり、資金を持ち寄って利用・運営していることから、組合員みなさんに出資をお願いしています。1口1,000円で、出来れば5口以上でお願いします。出資金は、他団体における入会金や会費、寄付金などとは異なります。生協のあらゆる事業の元手になる資金として運用され、脱退時に払い戻されます。生協の経営状態によって、払い戻しが減額される場合があります。
「生協は組合員の組織」といいますが、どうやって運営に参加するのですか?
組合員の意思を反映して運営を進めていくため、年に1回「総代会」を開催しています。本来は組合員全員が参加して総会を開催できれば良いのですが、組合員が多くなると全員で集まるのは不可能なため、組合員の代表として選ばれた「総代」による「総代会」を開催しています。総代会では、ふだんの生協の利用やくらしの中での想いを話し合いながら、運営結果や方針などについて審議と議決を行います。このほかにも、組合員の意思を反映するために、生協と組合員をつなぐ役割を果たします。サービス(事業)づくりへ参加する委員会やモニターなどの制度もあります。